◆志高の特色

宮城県内唯一の地域連携型中高一貫教育

  • 南三陸町地域連携型中高一貫教育(※連携中学校以外から入学した場合でも,入学後に学習等での支障は一切ありません。)
     本校では,平成15年度から,南三陸町内の中学校との間で,県内初の「地域連携型中高一貫教育」がスタートしました。この南三陸町地域連携型中高一貫教育は,中学校・高等学校の6年間で計画的・継続的な学習を行うことにより,「たしかな学力」「かがやく個性」「ゆたかな社会性」を培い,広い視野で21世紀を主体的に生きる人間の育成を目指しています。この教育目標をもとに「基礎学力の向上」「一人ひとりの個性の伸長」「異年齢集団の中での社会性の育成」の3つの柱に沿った連携事業を展開しています。

  • 教育の柱1つ目「基礎学力の向上」
     基礎学力の向上では,連携する中学校との相互乗り入れ授業や授業参観,合同の教科研究会行っています。また,チャレンジテストという南三陸町の中学生と高校生の基礎学力の定着を目的としているテストがあります。このテストを通して放課後や家庭での学習習慣を身に付け,成績の向上や学習を通して,目標に向かって努力し,成し遂げた達成感を味わうことができます。

  • 教育の柱2つ目「一人ひとりの個性の伸長」
     一人ひとりの個性の伸長では,生徒一人ひとりが「夢実現ファイル」として,中高6年の間,自らの進路希望や学習の軌跡をひとつのファイルにまとめたものを作成します。このファイルを活用することにより,進路希望の変遷がわかり,進路選択の参考となり,早い時期から主体的に進路選択をすることができます。また,進路希望を明確にすることで進路実現までの道筋を具体的に考えることができ,学習意欲の向上を図ることができます。  

  • 教育の柱3つ目「異年齢集団の中での社会性の育成」
     社会性の育成では,学校行事や部活動の連携,生徒会交流会などでのかかわりを通して生徒の自己肯定感や自己有用感を育成します。学校行事の連携では,音楽科教員による合唱コンクールの審査や文化祭での発表・作品展示などがあります。部活動の連携では,技術向上や中高生間での交流が深まるようサッカー部やバスケットボール部,バレーボール部,卓球部,音楽部,柔道部,剣道部などが合同練習会や発表会などを行っています。生徒会交流会では,生徒会執行部や図書委員会などの各種委員会の生徒が,情報交換などを通して中高生との交流を図っています。  

キャリア教育

  • ふるさと南三陸を学ぶ講演会
     ふるさと南三陸町の政治・経済・文化・将来像等について講話をいただき,社会人としての意識を高め,ふるさと南三陸町の理解を深め郷土を愛する心を育み,ふるさとの将来を担う社会人としての意識を高めることを目的に各学年毎,年3回実施されます。  

  • 1学年 大学企業見学会
     高校生活早期から進路に関して意識付けを行い,今後の進路選択の一助とするために,1学年全員が県内の大学と企業を見学します。  


  • 2学年 ジュニアインターンシップ
     実際の勤労体験を通して,正しい職業観を身に付けるとともに,勤労に対する目的意識を持ち,自己の進路選択に役立てることを目的に2学年全員が3日間,南三陸町内の約40の事業所にご協力をいただいて実習を行います。  

  • 3学年 南三陸町事業経営者による就職指導
     地元企業の方々や本校PTAの方々との面接練習を通して,より実践的な面接の仕方を学ぶと共に今後の就職活動に意欲的を持つことを目的に行います。  

進路サポート

     

     

     

     

普通科

     

     

     

     

情報ビジネス科

     

     

     

ページのトップへ戻る